今日は勤労感謝の日。

わたしはこの日になると自分の父の事を思い出して

しまうのです。

実は今日11月23日は父の命日なんです

もう、かれこれ20余年の月日が経ちましたが・・・。

父はやはり私同様にここ横浜で働いていたので

とてもこの地には関連が深いのです。

実際に我が家では実現させる事は難しい

でしょうが、出来る事ならこの慣れ親しんだ

横浜の海に散骨をしてあげれば良かったのかも

とも考えてしまいました。

おはようございます。

本日のブログではご回覧頂いているあなたに

お知らせしたい事があり記事を書かせて頂いております。

 

お知らせと言うのは他では無いのですが私達が行う「海洋散骨の渚」の

母体ともなっている葬儀部門の株式会社あおい葬祭のホームページを

リニューアルさせて頂いたのです。

 

現代のお葬式も徐々にスタイルが変わってきて

私達もそのニーズに答えられる様にサービスは

元より価格も見直しさせて頂き

お客様に愛される葬儀社へと進んでいきます。

 

よろしければ是非ホームページへのご回覧を

頂ければ嬉しいです。

http://www.aoisusai.com

                    おはようyoake.JPGございます。

と言っていいのかこんばんわと言って良いのか

解らない時間なんです。

なんで今日はこんなに早い時間に車を走らせているかと

申しますと、委託散骨を本日の出港でご予約された方の

ご遺骨をお預かりに向かっているのです。

ちょっと当日の粉骨業務と散骨業務と言うのは過去に例も無く

実際にはそのようなスケジュールではお受けしていないのですが、お客様のご要望で強く願われて

いましたのでお受けいたしました。

詳しい事情は正直私にも解りませんし、問いただすわけにもいかない立場ですので

私としてはお客様のご要望に答えられた事を海洋散骨の渚として誇りにおもっております。

今後もお客様の要望にお応えできるように頑張っていきます。

131101_162928.jpgおはようございます。

昨日は朝の雨が嘘の様に

午後は晴れ、気温も10月初旬

に戻った様な陽気に成りました。

午後に先日海洋散骨を行ったお客様宅まで

散骨証明書と手元供養の為、分骨したご遺骨をお届けに行ったんですが

あまりの陽気の良さとR134の渋滞を考慮しバイクで向かう事にしました。

夕暮れの帰り道には流石に顔に当たる風は10月初旬のそれとは違い

かなり冷たく、冬を間近に感じます。あと一月もすればバイクに乗る時

暖かい服装と覚悟が必要になります。

稲村ケ崎でトイレ休憩していると丁度日没の時間帯だった為大勢の人が

写真撮影をしていたんですが、若い女の子が丁度夕日が手のひらに乗って

いる様写り込むポーズをとっていて、更に周りを見ると同様なポーズを

とっている女の子が数名いました。撮っているのはみんな男の人で

何でこんな事でこんなにも、と、思える程盛り上がっていて、見ている

こっちが恥ずかしくなってしまい早々に立ち去る事に。しかしネットの破壊力

のお蔭で知る人ぞ知る穴場的な場所は随分少なくなったなあ、と感じます。

 

 

 

131104_120557.jpgおはようございます。

連休最終日なのに

ぐずついた天気で

例年に比べ各所人が

少ない感じです。海洋散骨の

仕事でも遊びでも活動範囲に

今では観光スポットと成ってしまった所が多く有る私にとっては

少し嬉しかったりします。

昨日も浜で日課の散歩中見かけるのはサーファーが

ポツポツ居る程度で静かな渚です。

近年人気が少ない時、多く浜を闊歩しているのはカラスです。

そして浜にカラスが群れている所には必ず何かが有ります。

昨日もカラスの群れに近寄ると死んだカスザメが打ち上げられていて

食べようとカラス達が一生懸命突くも、皮が固く上手くいきません

そこでその魚体をひっくり返してあげると、肛門と鰓が表に来るので

そこから皮の下の内臓や身を突き食べやすく成った様です。

どうせ放っといても誰も片付けないしカラスと協力して

海岸清掃です。振り返るとカスザメが見えないほどカラス達が

集まっていました。

 

 

131101_123325.jpgおはようございます。

連休前の平日に休みを取り

久しぶりに伊豆林道ツーリング

に行って来ました。

伊豆には多くの林道が有りますが、

家電法の施行後、不法投棄が凄まじく

今ではそのほとんどが通行止めとなり、

また税金の無駄使いとしか思えないような舗装化により、走りごたえの有る

林道は無くなってしまいました。その中でも、まあなんとか走れる所を探し

走って来ました。一本目は年川林道といって、狩野川の支流沿いにある全長

4キロメートルの前線ダートの林道で川渡りなども有り、亀石峠麓から

修善寺の南寄りに抜けます。その後幾つかの林道を目指しましたが、

舗装もしくは通行止めと成っていて不完全燃焼です。136号線で土肥

に抜ける途中、土肥中央線と言う全長12Kmの林道に寄ったんですが

半分以上舗装化されていて、しかも、ほとんど通行が無いようで落石

や、崩落もそのままに成っていて廃道の様でした。コーナーを曲がると

ちょくちょく目の前に現れる角の大きなオス鹿も、人間を見るのは久しぶり

なのか、こちらの様子を暫らく見てから、藪の中に消えていきます。

最後に西伊豆松崎から天城に抜ける大鍋林道を抜けて帰路に就きました。

温泉も入らず飯も食わず、350㎞以上走行し夕方家に着くとさすがに

クタクタで、後日の海洋散骨に備え、すぐに眠りに就きました。

 

131030_103203.jpgおはようございます。

今日はスッキリ青空が

広がってます。

最高の秋晴れにも係らず

海洋散骨も含め出港予定が有りません。

そこで今日はまず会社で洗車です。あおい葬祭

野中氏は久しぶりにバイク通勤をしてこれも洗車

してます。しかしこのバイク遡る事90年代前半に

新車で購入してからずっと乗っていて、一度は盗難

に遭い変わり果てた姿で発見され、そこからまた復活

し、車検が切れ私の自宅で5年以上野外放置され

そこからまた復活した不死身のバイクです。

その為買ってから20年以上乗っているのに走行距離は

約1万キロ、エンジンは絶好調です。

空冷エンジンですが希少車でも無く、特に高性能という

訳でも無いんですがオーナー野中氏を含め私にも

しっくりと来る乗り味でこれからも大切に乗り続けることでしょう。

納車の時、購入したバイク屋からイキイキと走り出す野中氏

の姿を今でも覚えているのですが、20年の時を経てオーナーの

容姿はバイクと違い、変わり果てていました。

 

 

 

 

131008_163058.jpgおはようございます。

最近一雨ごとに気温が下がり

海に出る時の服装が毎回

変わります。

あと2か月もすれば服装も

重装備に成り冬の海が本番を

迎えます。海の様子も冬に向けて変化していき昨日は今年

初めてユリカモメを見かけました。

ユリカモメは東京都のシンボルとしても有名で夏を連想される

方が多いんですが、実は夏は関東地方にはいません。もっと北

の地域にいて冬は関東以南で越冬します。そして夏毛は頭が

真っ黒で誰もカモメとは思えない姿をしています。

参考までに一口にカモメといっても実は種類が沢山いて

横浜で一年中見られるのはセグロカモメ、オオセグロカモメ、

ウミネコあたりでしょうか、その他にも銚子辺りでよく見る

シロカモメや盗賊カモメなんていうのもいます。

そしてどのカモメも横浜では冬の方が数が多く私にとっては

冬の海を連想させます。

海洋散骨を行っていると、よく船の周りにカモメの群れが

寄ってきます。以前他社の散骨に同行した時スタッフの方が

カモメも見送ってくれてます。なんて言ってましたが、

献花の花びらを餌と間違えて寄ってきただけで

カモメを良く知っている私には気の利いた言葉としても

受け取れず、解っている人が居たら、恥ずかしいな、

なんて思いました。

 

130916_143400.jpgおはようございます。

昨日、海洋散骨の依頼を

されたお客様宅へご遺骨を

引き取りに伺いました。

ご遺族がご高齢の為、散骨

には同行出来ないのですが、海岸沿いにお住まいの為

自宅から見える沖合に散骨をご希望されてました。

散骨エリアは、普通は横浜ならこの海域、相模湾では

この辺りでと、だいたい渚も含め各社決まりが有るのですが

この様なご希望に答えるのは実際は何と言う事も無く

沿岸から3海里以上離れていて、漁業従事者の迷惑

にならない海域ならどこでも散骨が可能です。

渚に依頼する前に連絡した散骨業者では、細かな散骨場所

の指定には応じられない、と言われたそうです。

まあ理由は解るんですが、商業的でないと言われている

渚にとっては、この様なご希望に沿うのは得意とする所です。

 

 

131016_151035.jpgおはようございます。

台風26号に続ずき

27号が来てますね。

昨日早朝の散歩へ出ると

すでにウネリが入ってました。

普段は歩いて通れる波打ち際も、ウネリが打ち付け二階建

の建物の屋根まで、飛沫が上がっています。

気圧が下がると、空気が海面を抑える力が弱まり、海面が上昇します。

1気圧で約1cm上がるので、台風の場合50㎝以上は海面上昇

する事に成ります。これがウネリの原因です。ここに強い風が

加わると、大荒れに成ります。海水温度が日に日に下がる

この季節では台風自体の発達は抑えられるのですが、それでも

十分注意が必要です。最近週末の個別散骨の予定が

先送りぎみに成っていますが、海での事故は死に直結する

可能性が高いため、実施は天候次第と成ります。

どうか皆様ご理解下さい。海洋散骨に限らず海に従事されている方

は、無理をしない様にしましょう。

あとバイクにシートカバーを掛けている方は、カバーを外しましょう

風を巻き込みバイクが倒れたり26号の時の私の様にビリビリに

破ける事も有るからです。

最近のコメント

  • 「海洋散骨の渚」松葉 雄一郎: このコメントは、Mo 続きを読む

アイテム

  • yoake.JPG
  • 131101_162928.jpg
  • 131104_120557.jpg
  • 131101_123325.jpg
  • 131030_103203.jpg
  • 131008_163058.jpg
  • 130916_143400.jpg
  • 131016_151035.jpg
  • 131012_115950.jpg
  • 131016_142238.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。